ブレードランナー ファイナル・カット

10数年前にビデオで鑑賞した時にはさほど面白いと思わなかったが。。
やっぱりこれは映画館で見るべき作品でした!
デジタル映像で美しいし、とても25年前の作品とは思えないクオリティと創造性の高さ。
あと、12年でスピナー(空中用車)が空を飛ぶ時代には。。なりそうもないけど。

「強力わかもと」のゲイシャ看板が映った時から、気持ちはヒートアップ。この時点で、3割満足。
「ソバを四つくれ」「二つでじゅうぶんですよ~」という名やりとりも見られたし、このへんで5割満足(早っ)
まあ、ソバは2玉づつ食べた方が伸びずに美味しく食べれますしね。
日本で根強い人気があるのは、日本文化が垣間見えるからなんでしょうね。
でも、「ゴルフ用品」看板が「ゴルフ月品」になってたりして、チェックのゆるさを感じます。

当時はあまり感じなかったけど、レプリカント(人造人間)の悲哀もひしひしと伝わってきて、印象に残ったシーンが数々あります。
一番せつなかったのは、射殺されたレプリカント仲間のプリスにロイがキスをするところ。
キスというか、口が開いて舌が出てしまった姿を哀れに思ったロイが唇で舌を押し込み、閉じてあげたんですね。
なんという人間ぽい行動なのでしょう。
そりゃあ、これだけ人間と変わりなく作られてるのに
「お前らの寿命は4年な。」
と言われりゃ、誰だって反乱起こしたくなります。オリンピック1回しか見られへんのかい。
そして、ロイの寿命が尽きるシーンでは思わず涙が。。彼の最後の選択も、まるで血の通った人間のようだった。

大阪は梅田ブルクでの上映が明日で終わってしまうので、ちょっとでも興味がある方はぜひ劇場で見ることをおススメします。
このSFの世界観にハマるには大きなスクリーンで。
何より、これほど観客同士で一体感と言うか、同じ気持ちで見られる映画はそうそうありません。
本日、木曜の20時20分の回は、エンドロールが終わるまで誰一人として席を立ちませんでしたから。やはり、あの音楽も込みで「ブレードランナー」なんだよね。
by loveapops | 2007-11-29 23:14 | 映画感想

エンタメいろいろと旅行とスポーツ観戦ブログ。


by loveapops