Heart,Mind and Soul

あの日、武道館に東方神起目当てに行って、SOSにSkoop On!された私とは逆に、東方に釣られたって人はいるのでしょうか。。
そんな人がいるかどうかわかりませんが、あの場でSOSが提供した「Heart,Mind and Soul」を初めて聞いたSOSファンは多かったでしょうね。
あの曲だけでもまるっと聞いてみたい方には、このアルバムを紹介します。
f0121493_16114666.jpg「Heart,Mind and Soul」、東方神起の日本での1stです。
アルバムタイトルでもあり、1stツアーのタイトルにもなったあの名曲は、このアルバムの最後に収録されてます。
f0121493_16181337.jpg
表現力は、武道館で一緒に歌われたベテランのTAKEさんにかなうわけもないので、それはこれから人生と恋愛のキャリアを積んでからいうことで。。
でも、彼らなりの年齢(発売当時の彼らの平均年齢・19歳)にあった柔らかい雰囲気のラブソングになってると思います。

CDを聞いて、今度は歌ってるところも見たいわ~と思われた方は、
DVD「1st LIVE TOUR 2006~Heart,Mind and Soul」を。→
アンコールの1曲目です。
非常に丁寧に、大事に歌ってるのが伝わってきます。
この曲への思い入れについてのインタビュー「ARENA37℃ SPECIAL Vol.26」より。
ジェジュン「一番努力した曲だと思います。歌うときに感情を込めるという点で苦労しました。
今回のアルバムの中でも仮歌を一番聴き返したのがこの「Heart,Mind and Soul」です。
でも、この曲では、苦労して努力をすることはいい作品につながるんだということを改めて教えてもらったような気がします。」

ユチョン「どの曲も僕たちのすべてが込められていますが、あえて1曲あげるとすれば「Heart,Mind and Soul」です。
歌ってて気持ちがいい感じがします。理由はわからないんですけど、曲全体の雰囲気がそういう感じだと思います。」

※ジェジュンが言ってる「仮歌」というのはもちろんTAKEさんが歌ってたわけですね。
この後、SOUL POWERのパンフ内のインタビュー(村上さん&TAKEさん&東方)で
ジュンス「今まで声はたくさん聞いてたけど、実際会うと笑顔とか柔らかい。」
はああ。。ぜひ、その仮歌をCD化(セルフカバー)してほしいものです。

しかし、ユンホのTAKEさんの印象
「お父さんみたい」って。。(笑)
たしかに、このインタビュー写真見てると、TAKEさんと村上さんが保護者みたいに見えるけどさあ。。(^_^;)年齢ダブルスコアやし。
でも、そこは「お兄さん」って言ってあげてよ。
そんな尊敬する大先輩たちに初めて会う日に、Tシャツにサンダル履きでスタジオ入りてのもイマドキの子やね(笑)
by loveapops | 2007-09-08 16:22

エンタメいろいろと旅行とスポーツ観戦ブログ。


by loveapops