SOUL POWER TOKYO SUMMIT 2007

f0121493_19523113.jpg2007年7月30日。
先月、東方神起が追加公演で有終の美を迎えた、あの武道館にまた足を運ぶことになった。
この日の私のお目当ては、東方神起。次に、実力派のゴスペラーズ、大御所の鈴木雅之さん。
そう、あの瞬間までは。。
このイベントは、好きなソウルミュージックが聞けるので最初から楽しかった。
ダンス★マンの「シャツ、たたんで収納」で大笑いし、初めて聞くJAYE&SILKYのパワフルなボーカルに度肝を抜かれ、今まで知らなかった実力のあるアーティストに酔いしれていた。

Skoop On SomebodyのTAKEさんがステージに現れた瞬間のファンのどよめき。
正直、名前だけは知っていたものの初めて聞く彼の甘い声。。
オールドソウルの曲をカバーした後、最後に持ち歌の「Sha la la」を歌った時、突然に来た!
サビの「素敵な恋にしよう~♪」のところで、なんとマイクを外し、それでもよく通る甘い声が武道館中に響き渡った瞬間!
私はTAKEさんに落ちました。。←ファンの間では「Skoop onされた」と言うらしいですね。
なので、この瞬間、私はTAKEさんにSkoop on!されたのです。。
この日以来、私は寝ても覚めても、TAKEさんの声無しには一日が終わらなくなりました。
それは、また別記事で書くとして、武道館に話を戻します。

東方神起の出番はわりと後半で、初めての生バンド。これは、日本ファンの夢だったのではないでしょうか?
予想できたことですが、「東方神起」の名前がスクリーンに出た時の歓声は一段とすごかったですね~。
ソウルなステージに合う「Choosey Lover」から始まり、
大人っぽいアレンジと帽子パフォーマンスが好評の「Try My Love」。1stライブ以来だから、これには興奮したわ~。
そして、作曲者のTAKEさんを迎えての「Heart,Mind &Soul」
TAKEさんは、「よろしくお願いします」という韓国語を一言おっしゃったと思います。
どんな風になるのだろう。。とドキドキしながら聞く。
KO-ICHIROさんの奏でるキーボードのイントロから、もう涙が出そう。
いつもより、安定したユノのボーカル、そしてサビの部分でTAKEさんがマイクを。。
いつも聞いてたあのさわやかな淡い恋の曲が、TAKEさんの情感あふれる艶のある声で、突然大人の恋の物語に!私の目の前にパーッと新しい世界が開けたような、そんな気がしました。
もうね、全然別の曲って感じでした!
うわー。。これはぜひ、TAKEさんの声でセルフカバーして欲しいものだわ。

最後に新曲の「SUMMER」から、名バラード「Love in the ice」と、ファンには涙物のセットリスト!
会場も水を打ったように静かに聞き入り、美しいコーラスが響き渡りましたねえ。。
ああ、毎月の上京で財政は苦しいけど、来て本当に良かった。。

この後の、ゴスペラーズももちろん素晴らしく、ダンスまで見せて楽しませてくれました。
トリの鈴木雅之さんが登場した瞬間は、会場の雰囲気が一変!
さすがは大御所。声量もパフォーマンスも堂々たるもので、圧倒されました。
なんせ、私が小さい頃から第一線で活躍なさってる方ですからねえ。そりゃ、存在感が違うってもんですよ。

二日目は初日より楽しめたのは言うまでもありません。
パンフも今、読み返してみると、東方神起×TAKEさん×村上さんという好きなメンバーばかりの音楽対談が6ページも載っており、買ってよかったわ~。
by loveapops | 2007-08-28 20:09 | 国内ちょっと旅

エンタメいろいろと旅行とスポーツ観戦ブログ。


by loveapops