人気ブログランキング |

2日目:台湾高速鉄道(新幹線)で台中へ

今回の旅行の大きな目的は『台湾新幹線に乗る』ことでした。
別に私は、鉄ちゃん(鉄道マニア)ではありませんが、できたばかりの乗り物って興味あるじゃないですか~。
ホテルでバッフェ式の朝食をたっぷり食べて出発。
f0121493_1126395.jpg10時半ごろ、新光三越前を通りかかると、「林宇中」の答唱会のステージができており、すでにファンが10人くらいうろうろしていた。
何の予定も無ければ、チラ見していくところだが、今回は芸能人を見るのが目的ではない。
ちょっと残念だが通り過ぎ、地下通路を通って台北車站へ急ぐ。

f0121493_11321684.jpgできたばかりの高鉄は案内がたくさんあって、わかりやすい。チケット売り場に着くと、案内係の女性もおり、丁寧に使い方を教えてくれるので迷うことは無い。
台中までの700元×2=1400元を2000元入れると、600元のお釣りが50元玉12枚でジャラジャラジャラー!!
エエー!と驚いていると、案内のお姉さんが50元玉を持って近くのコンビニで両替を頼んでくれました。
「日本人旅行者だから頼むわ~」みたいなことを言ってました。お気遣い申し訳ない!

f0121493_11401981.jpg
おおー!なんと自動改札じゃないですか!
そんなん驚くことかいと思われそうですが、台鉄(JR在来線みたいな感じ)はいまだに改札で係員が
ハサミでパチンと切るという味わい深い方式でありますから。
f0121493_11403461.jpg
白い車体にオレンジと黒のラインが入ったピカピカの台湾新幹線!
のぞみをモデルにした最新型車両の内部はいかなるものでしょう。

ナビゲーター(ただの大きさ比較モデル)の夫に付いて入ってみましょう。

f0121493_11475062.jpg電光掲示板ではニュースが流れ、2列+3列の座席配列。
まさに、日本の新幹線と同じ作り。
ちょっと気になったのは、椅子のクッションがやや薄いかな。。
この辺はやはり日本の方が柔らかく座り心地は良いです。とはいえ、台中までわずか1時間なので、腰が痛くなることは無いでしょう。
乗り心地が良いとの前評判ですが、たしかに振動がほとんど無く、快適で寝てしまいそう!

f0121493_1148713.jpg1時間程度の距離というと、名古屋→神戸くらいでしょうか。
この距離で6000円はするので、700元(約2600円)って、日本人から見るとお得ですよね。
この切符は降りた後、自動改札に回収されることなく手元に戻ってきますので、記念になるかな?
1車両の乗客は、半分程度。まだまだ、ビジネス以外の一般客の利用は少なそう。

f0121493_1159562.jpg
台中駅で降りて、去っていく新幹線をあわてて撮影。
あっという間にシュイーン!と滑るように走り去っていく流線型の姿がかっこいい。
台中駅はできたばかりなので、エレベーター、エスカレーターが充実しており足腰の弱い方にも優しい作り。

f0121493_12104023.jpg
エスカレーターを降りると、広々としたロビーには人があまりおらず閑散と(笑)。
まあ、まだできたばかりだし、利用客も少なそうですから。
エスカレーター下にマクドナルドがあります。

f0121493_1211356.jpgロビーを出るとけっこう広い広場があります。
タクシーを利用しないと、街中に行けないので係員に聞くと、さらに下に降りてと言われる。
ここから、台中市街までが遠い!そりゃこれだけ大きな施設を作るには、土地が必要だもんね。
高鉄・台中駅から、第一の目的・宝覚寺まで、340元もかかりました。ちなみに、台中のタクシー初乗り料金は85元。(台北は70元)
台湾で300元を超えるったら、かなりの距離ですよ。大阪→新大阪どころじゃないですね。

新幹線の話だけで、写真いっぱいになってしまいました。
この後の台中を回った話はまた別に。
by loveapops | 2007-04-18 11:38

エンタメいろいろと旅行とスポーツ観戦ブログ。


by loveapops