人気ブログランキング |

墨攻

前から思ってましたが、アンディ・ラウさんって知的な雰囲気で、戦略家の役柄がぴったりですね。彼意外に考えられない。
中国映画ならではの群集シーンはとても迫力があるので、これはぜひ映画館で見てほしい作品です。
中国ってほんと人材は豊富にあるな~と思います。CGで増やさなくていいもんね。

今回のひろいもんは、ニッキー・ウー演じる弓隊の隊長でしょうか。
弓の名手は若くて男前
と、古今東西の映画でも決まっております。キッパリ。
西だと、オーランド・ブルームでしょうか。
弓をきりりと引く姿がさらに男前を引き立てます。
腕を壊された後に、隊の指揮をとる姿も大変りりしい。
しかし、なぜに中国の刑罰ってあんなに残虐なんでしょうか?
手首足首だけ切って生かしておくとか馬に引かせて全身八つ裂きとか、そんな無茶な。
いっそギロチンの方がどれだけ人に優しい殺し方かと思えてきました。さっすがおフランスだけに上品ですわね、オホホってそんなことないが。
昔の中国の刑罰決めた役人は、超ド級のSですよね。

一人が知力を駆使して大勢の軍隊を跳ね除けるというのはなかなかスカッとする展開です。
中国の長い歴史にはこういう題材は山ほどあるから、いくらでも映画ができますね。
個人的には、諸葛孔明の戦術をテーマにした映画を見たいものです。
2時間越えの長い話ですが、最後まで飽きることなく楽しめました。ただ、女性武人とのロマンスを省いたらもうちょっとテンポがよかったのにと思いました。
おススメ度:★★★
by loveapops | 2007-02-22 11:06 | 映画感想

エンタメいろいろと旅行とスポーツ観戦ブログ。


by loveapops